お引き受けさせて頂いています

● 不妊治療中・妊活中・妊娠に向けた身体作りに取り組んでいる方

・骨盤環境改善(骨盤調整、血流改善)

・着床、妊娠のための身体つくり

(骨盤帯の運動機能、全身の営みとしての呼吸運動の改善、姿勢と圧力との関係の改善)

・骨盤底筋トレーニング

 

● 妊婦(マタニティ)さん

・腰の痛み(腰部の反り返り・骨盤の傾き)
・お尻の痛み

 <妊娠による骨盤(仙腸関節・鼻骨・恥骨)の変化による痛み

 

・股関節の痛み
・脚のむくみ(血行不良)
・脚(ふくらはぎ)がツる
・肩こり(頭痛もともなう)
・背中の痛み
・寝返りや立ち上がりがキツイ・痛い
安産のためのとりくを知りたい方
ほか

 

● 産後のカラダ調整

(骨盤メンテナンス・体型リカバリー・痛みの解決)
・産後太りの解決

(お尻・骨盤が広がったように感じる

 妊娠前のズボンが入らなくなった

 痩せにくくなった・・)

・体型が悪くなった

・今までなかった筋肉や関節の痛み

・骨盤底筋のきたえ方

・尿漏れが気になる

・子宮脱・膀胱脱の診断後

 

● こども整体

・気になる姿勢の悪さ

(猫背・座ることが保てない)
・夜に痛む脚(太もも・ふくらはぎ)
・オスグッド (成長痛)

・側弯症

・O脚、X脚

・シンスプリント

・スポーツの上達目的(野球・バスケ・バレーなどの身体作り)

・ストレッチ指導

ほか 

骨盤底筋トレーニング : 尿漏れ、子宮・膀胱脱 の ページ

その人の個別の症状を分析し、

 骨盤底筋を確実に効かせ,

最大能力を発揮させていく

 トレーニングの選定するには、
* 骨盤帯機能

* 姿勢

* 呼吸

* 感覚入力 

*『補助筋』をどう使うか
の要素が重要です。 

「 症状に対する理論・実践 」 を開設したブログ記事

*骨盤底筋*

 

専門の触診技術。

 

実際に骨盤底筋の収縮を確認しながら指導すす。アメリカのキャシー先生の技術を受講しました。

*産後の尿漏れ*

 

その方の症状と姿勢に確実にあった内容の骨盤底筋トレーニングの選定が 重要。

 

 

 

どうして出産直後より、数か月たって『から』症状がひどくなったのか?骨盤底筋とかかる力を考慮した姿勢別と対策



手順

1. 関節の動きの調整
・骨盤の関節(仙腸関節・腰仙関節)
・尾骨の動き
・股関節
・腰椎・胸郭など
※これらの関節の可動性は、骨盤底筋が最大に活動するための環境として重要です。

 

 2.症状と関連した部分のトレーニングの選定

 

 

 2.姿勢・フォームの体得

 ・姿勢による効かし方の違い

 ・フォーム(関節の配列)の違い

 骨盤底筋の筋力に影響することを

 実感する。

 

3.骨盤底筋力のトレーニング

 ①補助筋の活用(同時に効かすこと、選別的に効かすこと)

 ②呼吸運動との連動(横隔膜ー骨盤のユニット)

 ③ターゲットとする部分の感覚をつかむこと

骨盤底筋の活動を最大に引き出す条件

 骨構造

 関節運動

 筋連鎖(筋膜・補助筋)

 姿勢アライメント

補助筋

・横隔膜下部線維

・錐体筋

・内閉鎖筋

・腸腰筋

・梨状筋

気を付けるべき事

 ・骨盤底筋と連結した補助金でない『 代償筋 』は

   骨盤底の活動を阻害する、

 ・補助筋を活用したトレーニングに、骨盤底筋の収縮が依存してはいけない

   主動作筋の選択的随意収縮の獲得

 精巧な骨盤底筋学の理論・手技講習を受講しています。

世界的に有名な【骨盤底筋の第一人者】と言われている
 Kathe Wallace先生(PT,BCB-PMD)

・経膣触診と骨盤機能の講習会を受講した報告ブログはこちら 

バイオフィードバック療法について

 

 当施設で ご提供しているトレーニング内容は、

事前に実際の骨盤底筋収縮を計測する検証をしています

 

 骨盤底筋の筋力を計測しながら(見ながら・体感しながら)

 トレーニングする

 医療認証機器による骨盤底筋専用の筋電計

 を用いたトレーニングメニューや 筋力の検査測定

 

  治療としての使用するには医師の診断・処方が必要です。

管理医療機器

 マイオトラック3

 

膣センサーを膣内に挿入して

骨盤底筋の深層筋の筋収縮を

リアルタイムで数値化・グラフ化した

医療用検査機器

 

* トレーニングの研究検証用として使用

信頼性の高い 各理論について

(参照)一般社団法人日本ガスケアプローチ協会公式ホームページ↓

http://www.septante.jp/gasquet.html